希望をふまえた住宅

ローンで支払う

自分の理想の住まいが手に入ると注文住宅に憧れている方はたくさんいらっしゃると思います。しかし注文住宅となると、まず土地を探して購入し、ハウスメーカーや工務店に相談して、ローンも土地と住宅別々に組んで、と建て売りやマンションを買うよりもハードルが高くなり、踏み出せないという方も多いはずです。そこで、ここではそんなハードルを下げてくれる注文住宅のサービスを紹介します。建築条件付き宅地分譲というものをご存知でしょうか。これは指定された建設会社が、その土地に住宅を建てる事を条件に販売されている土地の事です。建設会社は変更できませんが、住宅のプランは自分で決められます。宅地を買ってから建設会社を探す必要がないため、手間が省ける便利な手段とも言えます。

建築条件付き宅地分譲は、宅地を自分で購入して建設会社を選んで家を建てる場合に比べて、トータル金額が安くなることが多いです。もちろん建てる家にもよりますが、一般的な木造の一戸建てであれば1400万円〜2000万円で建てられる可能性があります。建築条件付き宅地分譲の注文住宅は基本的には購入者が自由に間取りや階数、構造、内装、外観などをデザインできますが、その指定された建設会社ができない工法などは採用してもらえません。建築条件付き宅地分譲のメリット・デメリットを理解した上で検討してみるとよいでしょう。もし気に入ったハウスメーカーがあれば、そこが販売している建築条件付き宅地分譲を探してみるのも良いでしょう。