土地を売ろう

明るい家の中

土地を売却する場合に、知っておきたい事はその価格についてです。通常土地を売却する場合適正価格で売れると思われますが、実際に売れるのは適正価格より下の価格です。 ところが不動産会社に査定をお願いすると、適正価格よりも上の価格を提示してくれる場合があります。では初の価格を提示された場合、本当にその額で売れるのでしょうか。 結論から言うと、不動産会社が提示した額そのままでは売ることができません。 なぜなら不動産会社は適正価格よりも上の価格をわざと呈示してくるからです。その理由は、自社で土地などの不動産をより多く取り扱いたいために、適正価格よりも少し多めに額を示し、自分の会社に売却してもらおうとするためです。

ところが、おおよそどこの会社でも売却する額は同じような額です。 中には、不動産売却の広告を得たなかったりする不動産会社もありますが、よほど売り方が下手な不動産会社でなければ、どこの会社であっても売却する土地の価格はそれほど変わらないのです。 不動産会社選びは重要ですが、高額な価格を提示したところが必ずしも良い会社と言うわけではありません。 不動産会社を選ぶ場合は、できるだけ顧客についてよく考えてくれる会社を選ぶべきです。 不動産会社は、もしかしたらこれから先も長い付き合いになるかもしれないのです。先々のことまで考えておけば、自社の利益のことばかり考えている会社よりも、顧客についてよく考えてくれる会社の方が最終的には自分にとってもメリットのある会社なのです。