人気の一戸建て

家の中を走り回る

一戸建ての魅力とは一体何でしょうか。一戸建て住宅は昔から人気のある建物ですが、特に最近は一戸建てに対する需要が増えてきています。国のデータでは最近一戸建てに住む人が増えていると言うデータがあります。 これほどまでに人気のある一戸建ては、子供がいる場合は子供がのびのび座っていられる環境にあることや部屋の中のテレビの音量や子供の騒ぐ声はそれほど気にしなくていいことです。 これに対してアパートやマンションは壁を、はさんで隣の家なので、物事には特に気をつけなくてはなりません。そういった制限がないところが戸建て住宅の人気の秘密でしょう。 もちろんアパートやマンションにもそれぞれ魅力的なところがあります。どちらがいいと言うわけではなく、結局はそこに住む人の価値観の問題なのです。

では今から一戸建て住宅を購入する場合、タイミングがいいと言えるでしょうか。平成24年の消費税増税前は、駆け込み購入の人が多く、一戸建ての建築件数も例年の1.2倍ほど多かったのですが、その翌年は例年にないほど住宅業界は不況だったと言われています。消費税増税の前は特に人気が出るため、次の増税前も同じように買い時になるでしょう。 しかも、住宅ローンも審査基準が緩く借りやすいものが増えています。 ただ問題は住宅の価格が20年もすると無価値になることです。30年や35年の長期ローンを組んだとしても、ローンを払い終わる前に建物が無価値になってしまう恐れがあります。また、土地の価格も下がってきており果たして長期ローン組んで購入することにメリットがあるのかは疑問が残るところです。